商品の安全への取り組み

JAふくしま未来 安達地区本部では放射性物質検査を行なっています。また、加工品については、出荷販売前に福島県県北保健所による放射能モニタリング検査を実施しております。

放射性物質検査の様子

福島県ではお米の放射性物質全袋検査を行なっています。

米の全袋調査の様子



福島県産農産物の食の安全につきましてはこちらをご覧ください。



トレーサビリティシステムの導入

安全・安心な農産物をお届けするために
トレーサビリティシステムを導入し農薬の適正使用等を判定しています。


トレーサビリティシステムは生産者より出荷前に提出された栽培管理日誌(農作物の種蒔きから収穫までを記録したもの)をパソコンに取込み、農薬の適正使用等を判定するシステムです。

このシステムは、こらんしょ市のバーコード発券システム・レジシステムと連動しており、農薬の適正使用が確認された農産物だけが販売されます。

全ては生産者の愛情たっぷりの農産物を皆様に安心して食べていただくための取組であり、このシステムを直売所に導入したのは全国初の事例になります。


スタッフによる作業

スタッフによる作業